神戸日記

兵庫県民(神戸)は、ご飯は食べない?お米のとぎ汁でお肌は、しっとり?


総務省の家計調査によると、兵庫県民(神戸)のお米の消費量は低いということが分かりました。全国ワースト1位では、ありませんが、ワースト2位です。※ワースト1位は、おとなりの岡山県。何があるんでしょう。


ちなみに一番消費量が多いのは、静岡県。1世帯あたりの年間消費量は、104.88kg。兵庫県はというと68.59kg。静岡の7割位の消費量ですか。まぁ、最近は、パンの種類がいろいろありますし、ラーメン屋さん、パスタ屋さん、そば、うどん屋さんなんかもどんどん増えています。兵庫県(神戸)の方は、グルメなのかもしれません。


まぁ、食べないといっても年間68.59kg、毎月、1世帯6kgくらいは食べていることになります。十分な量ですね。


お米のとぎ汁は美容効果とは?


お米といえば、お米のとぎ汁の美容効果はご存知でしょうか。お米のとぎ汁には、実は、抜群の美容効果があるんです。


お米を炊くときに毎回出るのが、米のとぎ汁。ただ、ほとんどの人は、台所に流してしまいます。実は、非常にもったいないことなんです。とぎ汁の中に含まれているのは、ビタミンB1、ビタミンB2、脂質、でんぷん質。美容成分がたっぷりはいった液体です。


利用しやすいのは、洗顔です。最初の方のとぎ汁には、農薬やゴミなどがついているので、捨ててしまいましょう。2、3回流した後のとぎ汁がベスト。お米の粒子が古い角質だけをとってくれます。


昔の女性も、とぎ汁を洗顔に利用していました。


顔だけで無く、全身にとぎ汁をということで、入浴剤がわりにも利用できます。量としては、一回分のとぎ汁全てを浴槽の中に入れてしまいます。古い角質を吸着、全身が潤いしっとりします。消臭効果もあるので、汗のニオイもきえちゃいます。


米のとぎ汁風呂の効果をまとめると、美肌効果、シミ、シワの予防、乾燥肌対策、神経痛、リウマチ、腰痛の緩和、冷え性の予防などです。


脱毛の次は、肌をケアしたいところ。といっても、脱毛のためにお金をつかっちゃって、あまり肌にお金を使えない...そんな方も多いでしょう。とぎ汁風呂なら、入浴剤を購入する必要もないので、リーズナブルです。


洗顔、入浴剤がわりだけでなく、とぎ汁ボディケア、とぎ汁パックなんてものあります。一度自分の肌に試してみて、効果があるようなら、いろいろと利用しましょう。



神戸の脱毛サロン一覧

 

脱毛小話

 

神戸日記

 

金利 利率