神戸日記

日本酒生産量が一番多い兵庫(神戸) 美肌の為の日本酒風呂とは?

国税庁の統計情報の日本酒生産量ランキング(清酒及び合成清酒の生産量)日本ナンバーワンは、兵庫(神戸)です。


総生産量は、133,866キロリットル!2位の京都の73,178キロリットルの倍近くの生産量。ダントツ多い県です。


じゃあ、日本酒の消費量も多いんだろうと思っちゃいますが、兵庫(神戸)の消費量は、日本全国35位。真ん中以下です。日本酒をたくさんつくっても、あまり飲まないんですね。つくるけど、飲まないってちょっと不思議です。


ただ最近は、飲む以外の日本酒の利用方法が出てきています。それが、日本酒風呂。ワイン風呂なんてゆうのは、きいたことがあると思いますが、その日本版?日本酒風呂です。


美肌の為の日本酒風呂とは?


日本酒風呂なんてゆうと、酔っ払っちゃいそうだし、メチャクチャぜいたくな気がしますが、入れるのは、お風呂の中に、コップ1、2杯程度の日本酒。高価な日本酒じゃなくても構いません。気の抜けてしまったお酒、飲み残しのお酒でもOK。飲むわけじゃないですからね。


気になるのは、日本酒風呂の効果ですが、


○保湿効果がある
○新陳代謝を促進させる
○シミを改善させる
○美白効果がある
○血行を促進させる
○体内の老廃物を排除する
○肩こりや腰痛を和らげる
など。


ヘタな温泉に入るより、よっぽどいろいろな効果がありますね。


日本酒風呂に入った人によると、お風呂から出ると体の内側からポカポカと温かくなって湯冷めをせずに、よく眠れるし、肌がしっとりして、メイクののりもよくなるみたいです。


芸能人では、日本酒風呂の入っているのは、長澤まさみさん。VOCE BEAUTY AWARDS ベストコスメ年間グランプリを受賞した際に、美の秘訣をきかれ、「日本酒を湯船に入れて体を温めることを、先輩の女優さんに教わって実践しています」と答えていました。


あの美脚、きれいな肌は、日本酒風呂のおかげもあるんですね。ただ、肌がきれいになっても、ムダ毛の処理は、ちゃんとしなければいけません。長澤まさみさんクラスになると、ちゃんと脱毛サロンとかで、永久脱毛とかしているんでしょうね。


ドラマや映画の中で、女優さんにムダ毛が生えてるのが見えちゃったら、イメージダウン。対策は、バッチリなんでしょう。藤原紀香さんも実践しているようです。


日本酒の化粧水とは?


日本酒風呂が肌にいいのはかきましたが、同じ効果を狙ったもので、日本酒の化粧水なんてものがあります。菊正宗 日本酒の化粧水という商品も出ていますし、日本酒を使った化粧水の作り方もネットなんかで紹介されています。


昔の女中さんなんかは、冬の寒い日に、手のあかぎれ、肌荒れを日本酒(飲み残し)をつけて治していたという話もあります。資源の有効活用。生活の知恵ですね。


保湿効果や美白効果。日本酒のαエチルグルコシドという成分は、シミや肌トラブルの原因となるメラニン色素を抑えてくれます。日本酒風呂は敷居が高くても、ちょっと日本酒を手に塗ってみるならすぐできます。ほんとに効果がでるのか試したみたいところです。




神戸の脱毛サロン一覧

 

脱毛小話

 

神戸日記

 

金利 利率