脱毛小話

大人だけでなく子供までが脱毛するようになってきています。

脱毛と言うと普通、大人の女性がするものと思うものですね。しかし、最近はそうでもないようなのです。なんと小学生が脱毛をしているのです。まだまだ子供ですね、小学生とは。そんな幼い子供が脱毛するのは何故なんでしょうか。いろいろと事情があるようです。脱毛を始めた理由は以下のような理由だそうです。


○友達から、あなた毛深いねと言われた
○友達と比べて自分の毛が多いことがわかって、友達の目が気になる
○毛深いことが原因でいじめられた
○異性からヒゲがはえているとからかわれた


などです。親からしても、娘の毛深さが原因でいじめに遭うようならば、なんとかしてあげたいと思うのでしょう。このような理由や事情とは全く異なる理由で脱毛をする子供もいます。それはオシャレのためというものです。


スイミング、バレエなどの習い事で、水着、レオタードなどを着る機会があり、むだ毛を気にするお子さんがいます。またかわいい服を着ておしゃれしたいという子供も脱毛したいようです。最近のテレビのアイドルの年齢はどんどん下がってきています。オシャレを気にする年齢もぐんと下がってきているのです。


また、親が脱毛サロンに通っているために、身近に感じているという事情もあるようです。この点はかなり重要です。結局は親が子供に脱毛サロンに行かせるのですから、その状況などをよく知っている親は割と簡単に子供をサロンに通わせるようです。


もちろん、かかる費用もわかった上です。かなりの高額ですから、子供をサロンに通わせる親は少ないのですが、最近は増えているのです。ただ注意したいのが、子供の皮膚の問題です。大人の皮膚ではなく、まだ子供の幼い皮膚に脱毛の施術をするのは、少なからず影響がでるものです。子供の皮膚ですから、薄くて傷つきやすく弱いです。そんな肌を守るという意識も親子で持ってもらいたいものです。


成長期のこどもの状態を知る事


小学生、中学生くらいの子供が脱毛サロンに通うようになってきているようです。脱毛サロンと言えば、大人が通うものと思っているのですが、いろんな事情があるのでしょう。オシャレで通う子供はまずいないとは思うのですが、なかにはいると聞き、驚いてしまいます。さて、子供が脱毛サロンに通い、永久脱毛の施術を受ける場合に、効果はあるのでしょうか。子供ですから、これから体のいろんな部分が成長する時期ですよね。


そんな時期に永久に脱毛をしてしまっていいものか、心配にもなります。成長をストップしてしまうことで、体調は大丈夫なんでしょうか。そこのところが気がかりです。専門的に言うと、ホルモン状態が安定していない時期というようですが、やはりそんな時期に脱毛をするのは、効果も少なく、あまり意味もないようです。


特に女の子の場合ですが、初潮を迎え女性ホルモンが活動し始める時期であり、体も大きく変化します。


初潮後だいたい5年以上経たないと、ホルモン状態が安定していないそうです。ですからそんな時期に脱毛をしても効果があまり得られないそうなんです。肝心の毛の周期が安定していないために、大人のように決まった周期での脱毛ができないのです。そうなると余計に脱毛効果が得にくいばかりか、脱毛回数も増えて費用も嵩んでしまうのです。


男の子の場合はどうでしょうか。男の子の毛の濃さは男性ホルモンに大きく影響を受けます。この時期に声変わりをし、陰も生えてくるようになります。このような毛の量が変化している時期に脱毛してもあまり効果は得られないようです。男女ともに成長過程にある子供に永久脱毛などはお勧めできません。毛だけの問題でなく、肌にも影響がでますから、この点も考慮したいものです。




神戸の脱毛サロン一覧

 

脱毛小話

 

神戸日記

 

金利 利率